No pain, no gain


by sharpens_you_up

<   2004年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

仕事納め

ということで、本日、本年最後の仕事を終えまして、
どたばたで年賀状を出しまして、大掃除もやりまして、TSUTAYAにDVD返しに行きまして
とりあえずなんとか2004年を終えることができそうです。

今年も大変お世話になり、ありがとうございました。
来年もよろしくお願い申し上げます。
みなさまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

私は明日から彼女と年越し沖縄ロコローションツアーに行って参ります。
関東地方は雪らしいので、降り出す前に飛行機飛んでください。

それでは、いってきます!
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-12-30 23:28 | 日常

JR湘南新宿ライン

12月の中旬くらいに小田急線のダイヤが大幅に変更になりまして、
日中の藤沢→新宿間を走っていたロマンスカーが激減し、
11時台を逃すと次は夜19時台という
「おまえら昼間っからロマンスカー乗るなよ!」と言わんばかりの理不尽な改正があった。
僕は仕事のスケジュール上、いつも13時1分のロマンスカーを利用していたので
まともにこの打撃をくらいました。
どうしようっかなぁと困っていたところ、ふとJRの時刻表に目をやってみたら
なんと湘南新宿ラインがやたら本数が増え、しかもグリーン車も搭載されているではないか。
おそらく、小田急線は「新宿に直接行きたい人はJRを使ってください。」と開き直ったらしい。
(実際は新しくできた「快速急行」の影響なんだけどね。)

そこで僕は先々週くらいからこの湘南新宿ラインを使うようになった。
ホームは東海道線と同じなのだが、行き先は横浜から分岐して、
大崎、渋谷、新宿へと向かう。

この電車で何が新しいかというとグリーン券だと思う。
この路線にはSuicaグリーン券というのが使えて、
駅の券売機であらかじめSuicaでグリーン券を買うと、そのデータがカードに入力されて、
グリーン車の席に座って、天井にあるタッチセンサーにかざすと
天井のランプが赤から緑に変わって、手続き完了。
東海道線のグリーン車のようにいちいち車掌さんにグリーン券を渡して、
判子を押してもらう面倒が省かれる。
関連ページ(JRグリーン車Suicaシステム)
うん、このページにあるように非常に快適ですw

ただ、今日もこの電車を利用していたのだが、
雪の影響か新宿駅で信号トラブルが発生し、急遽途中から品川止まりになってしまった。
車内はすごいブーイングだった。
だって、高崎に向かっている人は品川で降ろされてもえらい遠回りになってしまう。
しかも外は雪で寒いし、快適な車内から出たくない。乗り換えでホームで待ちたくない。
僕も新宿に向かっていたのでせめて、大崎か渋谷にしてくれよと思った。
でも願いはむなしく、品川で止まった。

せこい話だけど、こうゆう場合のグリーン券の料金ってどうなるんだろうと思った。
僕は新宿まで買ったのに、品川までじゃん。
Suicaは自動的に品川までの料金にしてくれるのかなw
車掌さんに聞いてみたかったけど、たぶん100円とかそれくらいの違いだろうから
いうのもなんだし、そのまま品川から山手線に乗って新宿に向かったんだけどね。

こうゆうイレギュラーにまで対応してたらすごいと思うなぁ。どうなんだろう。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-12-30 02:13 | 日常

とろくん

a0036400_22372931.jpgとろくん
ロシアンブルー
オス
うちの猫のとろくんはコタツで寝るとき、上半身は外に出して寝ます。
かわいかったので携帯で撮りました。

a0036400_22424736.jpg
今日はそんな一日でした。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-12-27 22:44 | 日常

猟奇的な彼女

猟奇的な彼女
/ アミューズソフトエンタテインメント
ISBN : B00008IXGC
スコア選択: ★★★★★

「これ面白いから見てみなよ!」っていう作品でしたのでここに書きますw
韓国映画は「シュリ」、「カル」以来の3本目。

大学生キョヌは、電車内で酔っぱらいの美女を介抱する。
翌日、その彼女に呼び出されたキョヌだが、
お礼を言われるどころか彼女の横暴な言動や態度にびっくり。
しかし、名前も明かさない彼女の心になにか悩みがあると気づいた彼は、
言われるがままに付き合おうと決心する。

見る前のイメージとしては、ただのくだらないラブコメB級映画かと思っていたのですが、
雰囲気もテンポもすごくよくできた映画で、とにかくストーリーがめちゃめちゃいい。
途中の様々なエピソードも、しっかりラストに結びついていて
「うわ、なるほど、そうなるわけかぁ。」ってやられてしまいました。

また、キャストもばっちりハマっていて、まったく知らない人たちばかりでしたけど、
「この役はこの人だからいいんだなぁ。」って感じで
違和感なくすんなりに映画に入っていくことができました。

TVCMで告知されていた頃は「猟奇的な彼女」というタイトルとか彼女の暴力ばかりが
ピックアップされていたので、この映画を見るタイミングがすごい遅れてしまいました。

もちろんコメディ要素も多くて声に出して笑ってしまうシーンもありましたが、
後半戦と延長戦のラブストーリーは、かなり感動的に良くできていて
もっと早くから見ておくべきだったなぁと思わせるお話となっております。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-12-22 23:34 | 映画

Separation

Separation
市川 たくじ / アルファポリス
ISBN : 4434023969
スコア選択: ★★★★★

ちっぱさんに薦められ、アマゾンで購入した本です。
アマゾンは便利でいいんだけど、カバーとしおりを付けてくれたら完璧なんだけどなぁw

ネットで連載していた小説が、多くの人たちの反響を呼んで出版に至ったという
異例ともいうべき経緯をたどった作品です。市川たくじさんのデビュー作。

主人公「悟」の、23歳の妻(途中で誕生日を迎え24歳になる)「裕子」の肉体が若返りを始め
高校生になり、中学生、小学生になっていき
しまいには家にずっと置いておくのは不安で保育園に通わせるようにまでなっていく。
体に合わせて脳も幼くなって二人の大切な思い出までもだんだん忘れられていくようになる。
そして最後は・・・。
そんな理不尽な悲劇にみまわれる二人のせつない物語です。

これもまたおとぎ話のようなお話なんですが、やっぱり涙が止まらなかった(T-T)。
この作品がネットで大反響を及ぼしたのは十分に納得できます。
市川さんは人を泣かせるツボを心得ているなぁ・・・。
なんていうかなぁ、一言でいうと、ずるいよw

ほんとに彼らは多くは望まず、つつましいささやかな暮らしを求めているだけなのに。
「どうしてこんないい人たちにこんなことが起こるんだよ!」って泣きたくなります。

裕子が5歳くらいの体になったとき(もうこのときは昔の記憶はほとんど残ってない)、
裕子が本当に幼かった頃に乗ったという、高原の遊園地のコーヒーカップに乗るんです。
そのときにほんの一瞬だけ奇跡的に昔の思い出が彼女に戻って、こう言います。

「私ってほんと幸せだったんだね、いろんなこと思い出した。ずっと忘れていたんだ。
お父さんやお母さんのこと、悟と初めてキスしたときのこと、初めて抱き合ったときのこと。
なんで、こんな大切なこと、忘れてしまっていたんだろう。

私は、父や母や、そしてあなたから、抱えきれないほどの悦びを与えてもらったけど、
それでもまだ、望みごとをしたら、誰かさんに叱られてしまうかしら?

出来ることなら――
出来ることなら、もう一度だけ大人の身体に戻ってあなたに抱きしめてもらいたい・・・」

「もどしてやれよ!市川さん!(T-T)。」
ええ、僕はこう心の中で叫びました。完全にやられてますね、僕w
物語の中ではこんな愛に溢れた二人のやりとりがず~~っと続きます。
コテコテかもしれませんけど、こうゆうのが好きな人はぜひ読んでくださいませ。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-12-22 00:43 | 書籍

そのときは彼によろしく

そのときは彼によろしく
市川 拓司 / 小学館
ISBN : 4093861382
スコア選択: ★★★★

市川拓司作品3作目。今年の11月に出版されているので新作ですね。
市川さんのいままでの作品に比べるとずいぶん長い小説だったなぁと思いました。
彼の本は一日で読み終えられるからいいなぁと思っていたんですが、
これはちと一日で読むのは困難です。
むしろ物語の性質上、時間をかけて読んだほうがより感動が大きくなるようにできてます。

これはいままでのような涙を誘うような作品ではありませんでした。
その代わり、胸にしみじみと温かいものが残る感じの物語です。

主人公「智史」はもうすぐ30歳になるアクアショップ「トラッシュ」の店長。
少年時代、父親の仕事の都合で全国を転々として転校を繰り返していたのだが
14歳のとき、一生の親友と誓った「佑司」と「花梨」と1匹の犬「トラッシュ」と過ごした
1年間の思い出が忘れられず、いつもその頃のことを思い出していた。
そんなある日、アルバイトの面接で「森川鈴音」と名乗る元モデルの怪しい女性が現れ
なんとなく平穏だった生活が一変し、物語が始まる。

物語は現在の主人公と14歳の頃のエピソードが交互に進んでいく感じの構成になってて
メインはどっちかっていうと14歳の頃の「3人と1匹の友情愛」かもしれません。
だから、今回は恋愛ばかりだけでなく友情愛や家族愛なんかも入っております。

ただちょっと欲をいうと結末が予想通りになってしまったのが残念。
いままでの作品では最後は奇抜なアイデアで驚かされてたから
今回はどんなのが待ってるかわくわくしてたので少し期待外れだった。

僕が嬉しかったのは一匹の犬「トラッシュ」はムク犬で「ヒューウィック?」って鳴くんですよ。
これって「いま、会いにゆきます」でノンブル先生が飼ってて
佑司が逃がして行方不明になってた「プー」なんですよw
僕はずっとどこに行ったのか気になってて、「こんなとこにいたのかぁ」と嬉しかったです。

一昨日アマゾンで買ったSeparationが届きました。いまはこれを読んでます。
これを読み終わるとひとまず市川拓司作品は読破となります。
彼の作品は読みやすいし分かりやすいから人にも薦めております。
現在、同時に村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」も読んでいるのですが
読み始めてもうすぐ1ヶ月になろうとしているのにまだ3部あるうちの2部の後半です・・・。
しかもだんだん難解になってきました。これはマニアックな人にしか薦められない本ですw
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-12-20 23:49 | 書籍
今日、かまるさんと観てきました。
本当は土曜に行く予定だったのですが、僕に急な仕事が入ってしまいまして
突然の予定変更、かまるさんに迷惑をかけてしまうこととなってしまった。
それでも彼は嫌な顔ひとつせず、僕をTOHOシネマズ川崎へといざなってくれました。

いや~32歳(男)の僕としてはさすがにかまるさんの前で泣くことだけは
絶対に避けなけなければならなかった。十二分に用心したつもりでした。

だが開始3分、不覚にも涙が溢れてきた。
「ああ、佑司。。。こんなに大きくなって・・・。」
さすがにこの時点で泣き出してるのは、まわりを見渡しても僕だけだった。恥ずかしかった。

正直僕は、前回ここに書いたように「映画よりも小説がいいに決まっている」というのが
頭にあったので、映画を見終わった後、かまるさんに
「やっぱり小説の方がいいよ。」と言ってやろうと思ってたんですよw
だから結構ひねくれた目で否定的に見ていたんです。
でも僕は見事に覆されました。

もう完璧なまでに僕が想像していた市川拓司ワールドが忠実に映像化されていました。
なによりもまず、キャストが素晴らしかった。
中村獅堂のたっくん、竹内結子の澪、佑司、彼らはもうそれそのものだった。
あまりにもハマりすぎていて、実はこれはドキュメンタリーの映像で
それを見た市川拓司が小説化して僕はその小説を読んでたんじゃないかって思ったくらいw

ストーリーも大筋は原作とほぼいっしょにできていましたが、
映画ですから時間の関係もあり、ところどころのエピソードはカットされてました。
でもそれにより大事な部分が濃縮されていて感動が大きく、より泣けるようになっていた。
ラストの仕掛けは大幅に違っていたが、僕は映画の方が自然でいいなぁと思った。

まぁ、何よりも僕が好きなシーン。
たっくん:「ごめんね、君を幸せにしたかったのに、幸せにできなかった。」
澪:「何言ってるの。私はあなたの隣にいられただけで幸せだったのよ。」
うん、これが映像で見れたのがよかった。つっても涙でよく見れなかったのだがw

そんで最後は絶妙なタイミングでオレンジレンジの「花」が流れてくるんだ。
この映画を見た人は間違いなく、このCDを買うだろなと思った。
そんな僕を察してか、かまるさんは帰りがけ、僕と別れるときに
その「花」の入ったオレンジレンジのアルバムをプレゼントしてくれた。
うん、僕が女性なら間違いなくもっていかれたよ。にくい演出だった。ありがとうw
家に帰ってから「花」の歌詞を読んでみた。この人たちすごいね。
この曲ってこの映画をもとに作ったのでしょうか。すごいはまってるなぁと思った。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-12-20 00:16 | 映画

恋愛写真

恋愛写真―もうひとつの物語
市川 拓司 / 小学館
ISBN : 4093861196
スコア選択: ★★★★★

「いま、会いにゆきます」ですっかり市川拓司にやられた僕は
さっそく次の作品を読むことにした。
ちっぱさんに「市川さんの作品で何かお勧めはありますか?」と聞いたところ
「Separationがいいですよ。」と教えてもらったので、
本屋で「Separationください。」と言ったら
「こちらの本は絶版本となっておりまして在庫がございません。」
うそつけよw アマゾンで普通に売ってるじゃん。
(仕方がないのでこの本はアマゾンで買いました。明日届くと先ほどメールが着ました。)

そんなこんなで、そのとき僕は「恋愛写真」を買いました。
これは広末涼子主演の同名映画の脚本をアイデアに
市川拓司が書き上げたオリジナル小説ということだった。
僕は映画を見てなかったのでまったく背景を知らずに読めたので幸いだった。

これもやばかった。つか「いま、会いにゆきます」よりも確実に泣けます。
「ほんとかよ。」って思う人はアマゾンのレビュー読んでよ。
みんな泣いてるからw
これは読み終わってから何時間もあとをひく小説ですね。
みんなこう思うんだ。「ああ、静流・・・(T-T)。ああ、静流・・・(T-T)。」

静流というのは主人公「誠人」に片思いしている、美人とは言えない女の子。
21歳なのにまだ幼児体形で、お尻には蒙古斑があり、
メガネをかけて、いつも鼻をズズっとしている。主食はドーナツビスケット。
ただ、まだ成長途中なので、いつか大人の女になって見返してやるんだと思っている。

主人公「誠人」もまた冴えない男。趣味はカメラ。
幼い頃から体中に湿疹があり、痒さをしのぐために外国製の塗り薬を塗っているのだが、
その薬の匂いが強烈なことから、人間との接触を恐れ、大学でも孤立した存在だった。
だがある日美人でクラスの人気者「みゆき」に声をかけられグループの一員にしてもらえる。
それをきっかけに「誠人」は「みゆき」に思いを寄せるようになり、片思いが始まる。

そんなシチュエーションからストーリーは始まります。
片思いの片思いによる片思いのための物語です。

静流はみゆきに思いを寄せている誠人をずっと愛し続けるのです。
誠人の片思いを邪魔することなく、むしろ応援してまで愛すのです。
静流はみゆきとも友達になろうとします。「どうして?」と聞かれて名言が飛び出ます。
「好きな人が好きな人を好きになりたいから。」(T-T)。

静流の愛くるしい言動は、まだまだいっぱいあるんだけどね、それは読んでください。
静流はとにかくずっとずっと誠人を愛し続けるのです。
市川拓司の作品に出てくるヒロインはみな謙虚でつつましい。
多くは望まず、たったひとつのささやかな愛だけを求め、それに命も惜しまない。
相手をひたすら思い、自分を犠牲にして相手の幸せを自らの幸せのように思う。

ラストはもうね、涙でページをめくるのが大変な作業になります。
間違いないですから、これはほんとに読んで欲しいです。

でね、この小説の影響でDVD借りてきたんですよ。「恋愛写真」の映画版。
広末が静流って時点で違うだろ!って感じだったんですが、最後までなんとか見ました。
もうね、ふざけんなって言いたいね。
最後まで見た自分を誉めてあげたいくらいにくだらなかった。
この映画の脚本からこの小説を書いちゃう、市川拓司はすごすぎる。
映画版は時間の無駄です。ほんとにつらかった。まだ終わんないの?って
映画見てつらいって初めての経験です。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-12-18 23:31 | 書籍
いま、会いにゆきます
市川 拓司 / 小学館
スコア選択: ★★★★★

現在公開中の竹内結子さんと中村獅堂さんの映画
いま、会いにゆきます」の原作となった同名小説。

僕はまだ映画は見てません。
前回の「死ぬまでにしたい10のこと」同様、この作品も映画よりも小説のほうが
その世界観に深く奥の方まで浸ることができるのではないかと思ったからだ。

ちなみに僕は「世界の中心で、愛を叫ぶ」も原作本を読みました、これも映画は見てません。
でもあれは「つらい、悲しい、つらい、悲しい」の連続で、ちっとも救われず
僕の感情レベルのベクトルが↓ダウンの方向ばかりに進んでしまい
娯楽許容範囲のゲージを振り切ってしまって感動という感覚を得ることができなかった。
涙も出ず、ただへこみ、ブルーになるだけの作品だったという感想を持っている。

しかし、この「いま、会いにゆきます」は違った。
もちろん悲しいお話には違いないのですが、これはおとぎ話のようなストーリーなので
セカチューのような現実的な「病魔の恐怖」とか「死別の悲劇」にはあまり重点をおかず、
若い夫婦とその幼い息子の「家族の愛」を中心にほのぼのとしたテイストで描かれていた。

僕は映画ではしょっちゅう号泣しておりますがw
小説ではなかなか泣くまでに至らない人間だったのに、これは号泣してしまった。
主人公の「巧」とその妻の「澪」の何気ない会話や息子「佑司」の愛くるしいあどけなさ。
涙腺を緩めるトリガーとなるものが小説の中に、予想できない地雷のように
いたるところに散りばめられているので気を付けないといけない。

まじめで誠実でやさしくて、こんなに愛が溢れている小説があるのか!ってお話です。
非現実的と言ってしまえばそれまでですが、僕はこれくらいのが好きです。
関連サイト(いま、会いにゆきます 小説のオフィシャルサイト)
※このページの「立ち読みする」で少し読めるので読んでみてください。

僕は映画を見るつもりはなかったのですが、
@CHATの「かまるさん」が映画の方にはまってまして、彼はもう4回も見たそうです。
日夜「映画見ろ~映画見ろ~」とお経のように唱えておりましてw
なんと5回目も見るつもりだというので、今週末いっしょに見に行く約束をしました。
彼の映画の話を聞いてみますと小説とだいぶ違うようですので
その違いを探すのも面白いかもしれません。
映画のオフィシャルサイトのキャストを見たら、ノンブル先生もいないし、
小説には出てこないキャラクターがいっぱいいた。
医者も学校の先生も佑司の友達も小説では出てきません。絵本も出てきませんw
関連サイト(いま、会いにゆきます 映画のオフィシャルサイト)
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-12-14 09:38 | 書籍

ロッカーズ

ロッカーズ 通常版
/ ビクターエンタテインメント
ISBN : B00017YXT6
スコア選択: ★★★

陣内孝則さん好きな僕としては一度は見ておかないとなぁと思いつつ
なかなか見るチャンスがなくてそのままにしておいたのですが
昨日はなんか日本のB級映画が見たくなって、
「下妻物語」と悩んだあげく、ようやく借りることができました。

まず驚いたのはそのキャストです。
木更津キャッツアイのアニ(塚本高史)、マスター(佐藤隆太)、うっちー(岡田義徳)出てたw
アニとマスターくらいなら偶然かなぁと思うけど、うっちーまで出てたら絶対パクりじゃん!
しかもメインメンバーは5人組だし、バンドやってるし、
ぶっさんとバンビがそのまま中村俊介と玉木宏に入れ替わっただけだよw

テイストも木更津キャッツアイを非常に意識してまして、
やりたいことは痛いくらい分かるんだけど、さすがにクドカンと金子監督のようなキレがなく
テンポもノリも悪いし、アニもマスターもうっちーも完全に殺されてましたw

これさぁ、題材がすごくいいのでもったいないなぁと思いましたよ。
キャストでここまでやったんだからクドカン&金子コンビひっぱればよかったのに。

ただまぁ、これ見れば分かるんだけど、
内容的にきっと陣内さんは自分で作りたかったんだと思う。
むしろ自分でやらなければならないと思ったんだろうなぁ。

しかし、陣内さんが監督なだけあって
友情出演てか、一瞬しか出ないキャストは豪華だったねw
中井貴一、佐藤浩市、小泉今日子、鈴木京香、八嶋智人出てたよ。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-12-12 07:26 | 映画