No pain, no gain


by sharpens_you_up

<   2004年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ダルトン・トランボ

a0036400_200989.jpgダルトン・トランボ
1905年12月9日生
コロラド州出身
関連サイト(ヤフームービー)

名作の裏にはドラマあり。これは有名なお話なのでしょうか?
僕は今日初めて知りましたのでここに書きます。
「ローマの休日」と脚本家ダルトン・トランボの逸話。

50年代初頭、ハリウッドには「赤狩り」と呼ばれる
共産主義思想をもった者たちを摘発しようとする凶行があり、
共産主義と認められた者はハリウッドのブラックリストに載せられ、
映画界の表舞台から追放されました。

そんな中、証言を拒否した10人の映画人「ハリウッドテン」のメンバーだったトランボは、
証言を拒否したことにより1年間の禁固刑に服し、その「赤狩り」の犠牲となった。

服役中、家族の生活費を稼ぐために書き上げたのが「ローマの休日」だった。
脚本料5万ドルはトランボに支払われたが、公の場に出られないトランボは
クレジットにイアン・マクレラン・ハンターの名前を借りて身を隠した。

そして「ローマの休日」はアカデミー脚本<原案>賞を受賞。
その名誉はイアン・マクレラン・ハンターに贈られることとなる。

この真実が世間に公表されるのは40年後の1993年だった。
トランボは追放期間中、偽名を使って18作の脚本を書き上げたらしいです。
そのうちロバート・リッチという偽名を使い、
1956年に「黒い牡牛」でアカデミー原案賞を受賞している。
受賞式には当然、ロバート・リッチは現れなかった。

こんな華やかで優雅な作品の裏側にはこんな暗い物語があったんですねぇ。
ハリウッドの暗い過去「赤狩り」は映画「マジェスティック」で僕は知ったんですが
あの映画ってこのトランボのような映画人がモデルになってたんですね。

逆境に負けることなくその才能を発揮したトランボの人生って
まさにハリウッド映画のようなんですけどね、映画化して欲しいなw
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-09-29 20:07 | 映画

銀座線渋谷駅

今日は会議中、携帯に見知らぬ番号から電話がかかってきまして、
普段はそうゆう電話はまず取らないのですが、
マナーモードにするのを忘れていて着信音がうるさかったので取ってみた。
そしたら大阪のイトコからだった。
彼のお兄さんの結婚式で会って以来なので約10年ぶりくらいの声でした。

「いま東京出てきてんねんけどな、南青山ってどう行ったらええ?」

「南青山?それなら渋谷まで出て地下鉄銀座線に乗り換えて表参道で降りて下さい。」

僕は会議中で別のこと考えてたし、
10年ぶりにかかってきた突然のイトコの電話で頭が良く働かず、
そのまま電話を切ってしまった。

そんで会議を終え、落ち着いたときにふと気が付いた。
「やばい、銀座線渋谷駅は地下鉄だけど地上にある。」
ああ、なんでよりによって、大阪から来た人に銀座線渋谷駅を紹介してしまったのか。。。
表参道なら僕がいつも使っている半蔵門線でいいじゃないか;;。

彼はちゃんと無事に南青山にたどり着いたのだろうか。
まぁ、大阪に帰ったときにネタになるからいいかな。
「東京の地下鉄の駅は地上にある」ってw
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-09-29 00:45 | 日常
増量・誰も知らない名言集
リリー・フランキー / 幻冬舎
ISBN : 4344401859
スコア選択: ★★★★★

リリー・フランキーさん最高ですねw
イラストレーター、作家、写真家、コラムニストといろんな分野でご活躍されているようですが
僕はなかでも彼の書くコラムやエッセイが大好きで、
雑誌のはじっこのほうでちょろっと掲載されている連載記事に毎回痺れさせてもらってます。
関連サイト(リリー・フランキーオフィシャルサイト)
※「今日のつぶやき」が笑えます。

こうゆうブログとか書くようになって、改めて文章を書く難しさが身に染みてまして
リリーさんの文章を読むと、
言葉の面白さとか人が興味を持てる文の書き方など、ただただ感心してしまいます。

日本映画のコメント集「日本のみなさんさようなら」も退屈な一般的な感想なんて一切書かず
めちゃめちゃ笑える独自の見解でその映画の内容よりもコメントのほうが面白く書いてあるw
感性というのかな、観察力の精度が高くて表現力が豊かなんですねぇ。
このブログの映画のコメントなんかもこうゆう風に書ければいいなぁって勉強になります。

で、この「増量・誰も知らない名言集」。
昨日本屋で買ったばかりなんですが、今日1日で一気に読み終えてしまいました。

この本はカナリやばいですw
電車の中では絶対に読まないほうがいいですね。
こんなに呼吸困難で苦しい思いをしたのは「稲中」、「侍魂」、「富士エアー」以来です。
僕はなんの警戒もせずに電車の中で読んでしまったため、
笑いをこらえきれず、今日はずっと危ないやつになりました。

吹き出すレベルじゃないんです、もうヒキ笑いレベル。
最初はなんとか笑いをこらえようと必死だったんですが、身体が小刻みに震えてしまうので
それが電車のシートで隣の人に伝わってしまうので、隣の人は変な目で見てました。
もう、つらかったので最後は人の目を気にするのを放棄してお構いなしで笑っていました。
隣で会話していた人たちはその会話で僕が笑っているのと勘違いして
最後はシーンと黙り込んでいましたね。
1日で読み終えてよかったですよ、これ命にかかわりますね、ほんとにw

そんで今日は帰りがけに、次に読みたいリリーさんの「美女と野球」を探しに行ったんですが
3件まわってどこにもおいてなく、結局アマゾンで買いました。
早く届かないかなぁ。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-09-27 22:08 | 書籍

アスクル

オフィス用品のカタログ通信販売で有名なアスクル。
注文して「明日来る」からアスクルっていうんです。知ってました?
関連サイト(アスクルオフィシャルサイト)

このアスクルのカタログ2004秋・冬号Vol.12 No.2にて
なんとあのスターバックスコーヒーが買えるようになってました。
関連サイト(スターバックスコーヒープレスリリース)

スタバにとっては店舗外販売は初の試みで新たな需要開拓の第一歩と書いてあります。
出勤途中にスタバのコーヒー持ち歩いてる人なんかは
オフィスで飲めればもう手持ちする必要もなくなるわけでこれはヒットするかもしれませんね。
ミルクフォーマーも売ってるしあのラテを自分で作れるようになるのでしょうかw
さっそく注文してみましょう。買うときスタバカードは使えるのかなw
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-09-26 23:50 | 日常

ジョー・ディマジオ

a0036400_00343.jpgジョー・ディマジオ
1914年11月25日生
右投右打 180cm 83kg
カリフォルニア州出身
関連サイト(MAJORJP)

1941年、第二次世界大戦がはじまり暗いニュースばかりで落ち込んでいたアメリカでそれを一瞬でも忘れさせてくれる唯一の明るい話題は彼の勇姿だった。「今日もヤツは打ったのかい?」この言葉は全米のあちこちで子供から大人まで口にして自らの希望や夢を彼に託していた。そして彼は現在でも破られていない、偉大な記録「56試合連続安打」を達成するのである。

このエピソードは野球の伝記のみならず、当時を伝える映画などにも描かれている。野球ファンの僕は、昔からこの話を聞くと当時の人をうらやましく思っていました。街のいたるところで野球の話をして、ともに大記録への期待を共有する人々。野球の話題が街を支配してるんです。そんでみなが野球を愛している。戦争や不況ですさんだ心の希望が野球だったんです。
スポーツを軽視する人もいるでしょうが、野球にはそうゆう効果もあるんです。

そして、いま現在それに匹敵する大記録が生まれようとしております。僕らが生きている時代にです、しかもそれは我らが日本人が挑んでいるんです。シアトルマリナーズのイチロー外野手。

1920年シスラーが達成した257安打記録。1920年ですよ、いまが2004年ですから84年前の記録です。こんな84年間も破られなかった大記録に挑んでいるわけです。僕も実は一昨日までは、もう無理っぽいなぁって思っていたんですが昨日5安打で、今日4安打・・・。こりゃいけるでしょ!現在247安打で残り10試合、あと10試合で10本です。

あの、野球興味ない人もいまだけはぜひ彼を応援してあげてください。そんで1941年のディマジオのときのように、街のあちこちでイチローの話をしましょうよ。あの映画のような場面を自分でも経験できるなんて、本当に幸せです。イチローさんありがとう。
関連サイト(MAJORJP)
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-09-24 00:33 | 野球

JFK

JFK 特別編集版(ディレクタ-ズカット)
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
ISBN : B00005HKXG
スコア選択: ★★★★★

ニューオーリンズの熱血地方検事ギャリソンは、ケネディ大統領暗殺という、
アメリカ社会の基盤を揺るがす事件の解明に取り組んだ。
ウォーレン委員会の報告には疑問がある。ギャリソンは法廷での解決を目指すが…。

これもBSシネマシアターで見ました。昨日はじめて。
前から見ようと気にはなっていたんですが、オリバー・ストーンの作品だから
きっと長いんだろうなぁってw しかもあんまりケネディとか興味ないしw
でもたまたま昨日BS2のちゅらさんを見てたら、
そのままこれがはじまったので最後まで見てしまいましたw

まず感想はですね、フィクションは現実には勝てないなぁって感じましたね。
どんなサスペンス映画の謎も、この事件の謎にはかないませんね。
これだけ大きな謎や巨大な陰謀、こんなことが現実にあったのかと驚きですよ。
しかも、なぜこの現実世界で解明されないのかが不思議でなりません。

もちろんこの映画はあくまで推測の範囲で描いているのですが
ドキュメントフィルムやいまの時点で分かっている情報がこの映画に集結しているようなので
JFKの謎の死に少しだけ近づけるかもしれません。

だいたい映画ってラストには謎が解けるものじゃないですか、
でもこの映画の謎は2029年にならないと分からないというやっかいな作品ですw
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-09-23 00:35 | 映画

アミスタッド

BS2で夜8時くらいからやっているBSシネマシアターって知ってますか?
昨日は「JFK」やりまして、今日は「アミスタッド」。いい映画やってますよ。

アミスタッド
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ISBN : B00024Z4B4
スコア選択: ★★★★★

南北戦争直前のアメリカを舞台に、奴隷船「アミスタッド」の中で
実際に起きた暴動事件をスティーブン・スピルバーグが描いた歴史感動巨編。
とらわれたアフリカ人たちは自由を求め、母国を目指す。彼らの希望をかなえるために、
元アメリカ大統領ジョン・アダムス(アンソニー・ホプキンス)や
若く理想に燃える弁護士(マシュー・マコノヒー)がアメリカ法制度に戦いを挑む。

この映画のメッセージは大きい、大きすぎる。

まず、奴隷制度の犠牲として拉致されたアフリカ人の悲惨さ・・・。
愛する家族と自然とともに自由に暮らしていたアフリカ人が動物のように拉致され
強制的に船に乗せられ、目を覆うような拷問や虐殺される場面まで
忠実に歴史的事実を克明に描いておりました。

これは単純な裁判ものではなくて、その当時のアメリカの歴史的背景なんかも絡んでまして
奴隷制に反対の北部と賛成の南部、またその狭間で揺らぐ大統領の決断。
アメリカの大義である「平等と自由」の実現の苦悩をテーマにしております。
最後のアンソニー・ホプキンスの10分近い演説がその答えに導いてくれます。

まぁ、この手の映画を見るといつも思うのですが
結局、悪いことはちゃんと悪いと認める偉大な国アメリカ万歳ってことなんでしょうが
それなら最初から悪いことをしなきゃいいわけで、
その悪さの犠牲になった人たちがかわいそうだなって思いますw

でもまぁこれはアメリカの歴史で、奴隷制などは大きく言えば世界の歴史なので
僕らはこれを見て、それを歴史的事実として受け止めるしかないんだなぁって思いました。
そう考えると人間って恐ろしい生き物だなって思います。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-09-22 23:57 | 映画

バウンド

バウンド
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B00005V2N3
スコア選択: ★★★★★

これも彼女に薦められた作品です。ウォシャウスキー兄弟初監督作品。
出会った瞬間恋に落ちた闇の世界に住む2人の女が、
ギャングのもとに預けられた組織の裏金を共謀して横取りしようとする物語。
マフィア系スリラーサスペンス。

やるのかやられるのか、どっちの策が上を行くのか。
ばれたら即死。ドキドキ手に汗握るスリリングな緊張感がたまらない。
そんなタイトなシチュエーションにもかかわらず、さらに危機迫る予想外の展開が待っていて
「あ!ああ~!どうなっちゃうの?この子たちどうなっちゃうの?」と叫びたくなりますw

セクシーな大人の雰囲気がスタイリッシュに描かれていて、
ウォシャウスキー兄弟の地力がよくわかる作品だと思いました。

うん、眠い。寝ます~。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-09-21 23:29 | 映画

ディテール

a0036400_10124836.jpgBar Detail
〒152-0035
目黒区自由が丘1-2-14 Y&M自由が丘B1F
TEL:03-3724-8681

私の友人、To-yさんご推薦の自由が丘にあるオーセンティックバーです。

いままで2度お店に行くという計画があったのですが
1回目はマスターが風邪でお休み、2回目はお店の水道工事でお休みと2度とも失敗。
もう、縁がないのかぁって諦めてましたが、
ようやく3度目の正直で念願の入店をすることができましたw

ま、僕はお酒が飲めないのでこうゆうお店に入るきっかけがないのですが
今回はやさしいもめおくんがなかなか手に入らない「凍頂茶」をお店に預けてくれてて、
それを取りにいくという名目でお伺いすることができました。

もうね、入った瞬間。かっこいいよ。うん、かっこいい。
薄暗い店内にデザインされた間接照明、綺麗に並べられたお酒にグラス。
BGMに静かなジャズが流れ、
カウンターにはおしゃれな中年の男性三人組が座ってて、
ブルーノートなどのジャズの話を肴に渋く語り合っていた。

そのカウンターの先にはマスターの高岡さんがかっこよくお酒を作っていて、
もう大人の世界オーラがまぶしいくらい溢れていた。

そんな雰囲気のなかにもマスターは変に気取るところもなく
お酒が飲めない、しかもたった1人でやってきた怪しい客の僕にも気さくに接してくれました。
僕がTo-yさんの友人であることを告げると相当嬉しかったのか、
笑顔を交えながらTo-yさんとの出会いや思い出を語ってくれました。

僕が「ほんとにこのお店といい、高岡さんといい、完璧ですね。」と言うと

高岡さんは「いや、僕は完璧ではないんです。
ただ、いいところも欠点も全部さらけ出して、全てみてもらいたいんです。」と言いました。

僕は「それってすごいですね。
人間って欠点を隠すために必死に生きてるんじゃないですか。」と言うと

高岡さんは「僕のプライドはこの出したお酒の中にあるんです。
これを飲んでもらって僕の本質を知ってもらえれば、それでいいんです。」

えとね・・・。高岡さん・・・。かっこよすぎ!!!
僕もすっかり高岡さんファンになりました。
お酒飲めないですけど、またノンアルコールカクテル作ってください。
そしてまた、哲学的な人生感をいっぱい聞かせてください。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-09-19 10:40 | 日常
a0036400_0595456.jpg死ぬまでにしたい10のこと
/ ソニーマガジンズ
ISBN : 4789721280
スコア選択: ★★★★

10名の女性著名人による心に響くエッセイ・アンソロジー。
余命2か月と宣告されたら、あの人はなにをするんだろう?
もしも、ある日突然、「あなたの命はあと○か月」という宣告を受けたとしたら……?
そして、死ぬまでにする「10のこと」を決めるとしたら……?
ペドロ・アルモドバル監督総指揮『死ぬまでにしたい10のこと』にインスパイアされた、
斎藤薫、角田光代、MAYA MAXX、横森理香、倉田真由美、
八塩圭子、酒井順子、しまおまほ、谷村志穂、室井佑月の、
10名の女性著名人による「死ぬまでにしたい10のことは」とは……
命の期限がわかったとき、あの人はなにを思い、なにを考え、
そして、残された時間のなかでなにをしたいと思うのだろう。

同タイトルの映画が不評なのでまだ見てないのですが、
だったらその小説を読んでみようと本を買いました。
そしたらこの本は小説ではなくて、その映画に感化された人たちのエッセイ集でした。
つまり間違って買ってしまったわけです(笑)
駅の構内にある書店でよく本を買うので、
「ああ、あと5分で電車出ちゃう。」って状況の場合、この間違いはよくありますw。

でも、最後まですんなり読めました。これはいい本です。
さすが文章を書くプロたちの文集なので、
僕らの気持ちのなかにはあるんだけど、文書化するのが難しいって微妙な部分を
うまい感じで書いていて、ところどころ共感してしまいます。

タイトルからネガティブなイメージができてしまうんですが、これは実にポジティブな本です。

「あなたは2ヵ月後に死にます」って医者に宣告されたとする。

そしたら、きっとだらだら過ごしていた日常は一変すると思います。
本当にやりたかったことを真剣に見つけようとするかもしれない。
大事な昔の友人に最後にもう一度会いたいと思うかもしれない。
心のそこから思い残すことなく恋人を愛したいと思うかもしれない。

でもそれって実は、いまの自分の素直な本当にやりたいことだったりして、
死を考えることってことは、いまを生きることを切実に考えることなんだなぁってのが
この本を読むことでわかります。

「この10のリストは死ぬための準備じゃない。
いままで生きてきたなかで、足りなかったことのリストだ」と書いてある。

死を考えることはいまの素直な自分を探すことなのかもしれません。
「もう思い残すことはないや」という究極の死を迎えられるように、
まだたくさん時間のあるいま、やりたいことをやり、喜怒哀楽をいっぱい経験し、
もっともっと勉強したり、恋人や友人とたくさんの思い出を作りたい。
そう思わせてくれる本でした。ぜひ、読んでみてください。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-09-19 00:05 | 書籍