No pain, no gain


by sharpens_you_up

<   2004年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

映画三昧

今日はネカフェでDVDを観て過ごそうと、まずTSUTAYA藤沢店に向いました。
僕は高校時代(いまから約16年前)、
まだこんなにメジャーになる前のTSUTAYAでバイトしてましたが
もう10年以上行ってなかったので改めて会員になりました。

そんで、まうさんに薦められたピカレスクのDVDを借りようと
店員さんに在庫確認をお願いしたんですが、ここには1本もないと言われ
他店にないかレジの検索システムで検索してもらったのですが
藤沢市内にはないと言われてしまいました。
検索システムを見せてもらったら検索窓に悲しく「ピカ」とだけ書いてあって
それを見た僕は「ああ、もういいや・・」ってなんか切なくなりましたw

「じゃあ、何観よう?」といろいろ悩んだ末、
以前から彼女に薦められていた「マッチスティックメン」と「キス・オブ・ザ・ドラゴン」、
あと昔から観たかった「インファナル・アフェア」の3本を借りまして
MANBOO!藤沢店へ入りました。

まずは、マッチスティックメン。
ニコラス・ケイジ演じる極度の潔癖症ながら
詐欺においては芸術的な才能を発揮する中年男が、
突然現われた14歳の実の娘に戸惑いながらも
2人で新たな大仕事にかかる姿を軽妙に描く物語。
最後はシックスセンスばりのストーリー全てを覆す大きな仕掛けが待ってます。
これは感想を言ってしまうとそれがネタバレになってしまうので自重しますw
「グラディエーター」のリドリー・スコット監督なので
作品全体がスタイリッシュでかっこいい!しかもストーリーもしっかりしてます。
彼女が懸命に薦めるわけが分かりました。

次にキス・オブ・ザ・ドラゴン。
僕らの世代は「少林寺」のリーリン・チェーンで有名なジェット・リー主演のアクション映画。
ジェット・リー演じる捜査官リュウが
中国-フランス間の麻薬捜査の協力ため中国からパリへ派遣される。
しかしそこで協力仲間であるはずのフランス警察リチャード刑事に
殺人犯に仕立て上げられてしまう・・・。
久しぶりに見た痛快アクションムービーでしたね~。
これだけ善悪キャラがはっきりしてるのも気持ちがいい。
「キス・オブ・ザ・ドラゴン」とは北斗の拳でいう経絡秘孔のような技(ツボ?)の名前です。
マッハのトニー・ジャーがすごいとか言ってますが、やっぱり僕はジェット・リーがいいな。

さて、最後にインファナル・アフェア。
トニー・レオン、アンディ・ラウの2大スター共演で贈るハードボイルドな中国映画。
警察と中国マフィアそれぞれに潜入を命じられた2人の男が、
身の危険と心のゆらぎに苦悶しながら10年の時を経て
対決の時を迎える姿を緊迫感溢れるタッチでスリリングに描く作品。
いやー。これはすごかった。今年観た中で一番ドキドキした映画かも。
昔観たアル・パチーノ&ジョニー・デップの「フェイク」を何倍にもしたような映画です。
最初から最後まで胃が痛くなるくらい緊張感が続きます、言い過ぎじゃなく。
どうやったらこうゆうストーリーが考えつくのだろう・・・。
これってブラピ主演でハリウッドリメイクが決定してるらしいです。
それも絶対観たいと思います。リメイク版は結末変えて欲しいなw
観終わってもう何時間も経ってるんですが、まだ頭の中はこの映画引きずってます・・・。

ということでそんな感じの1日でした。
ひとつ分かったことはDVDを1日3本も観るもんじゃないってことですw

マッチスティック・メン 特別版
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
スコア選択: ★★★★★


インファナル・アフェア
/ ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-07-31 23:29 | 映画
今日は移動が多かったです、都内をまわって最後は秦野市。
帰りの小田急線秦野駅、電車がえらい遅れててホームはすごい人だかり。
やっとこさ電車が来て、電車に乗り込み、車内アナウンスに耳をやる。

「えー。先ほど新松田-渋沢間で、シカと列車の衝突事故がありまして
ダイヤに遅れが出たことをお詫びいたします。」

「ああ、なんだシカかよ・・・。って シカ!?」

まぁ、一番驚いたのはこんな衝撃的な車内アナウンスに
平然としている乗客でした。(きっと日常なんだ・・・。)

今日は高校野球の東東京大会の決勝をやってましたね。
二松学舎大付-修徳。

二松学舎大付は甲子園常連校と思いきや、春4回の出場のみで夏はなし。
決勝進出は3年連続9回目らしいです。
つまり地方予選で9回も決勝まで進出しておきながら
一度も甲子園に行けてないらしいんです。

ゲームは得点こそエラー絡みでしたが逆点逆点の1点差を争う好ゲーム。
最後は地力に勝る修徳が、
将来プロになるかも的な片鱗を見せる1年生の磯部のHRを含む2打点や、
ランナーを出しながらも高めの釣り球をうまく多投して
相手に逆点を許さなかった斉藤の好投で11年ぶり、4回目の甲子園出場を決めました。

結局、二松学舎大付は9回目のチャレンジもリベンジならず。
夏の甲子園への道は10回目に挑むであろう後輩たちに託すこととなりました。

本当は今日で全ての甲子園出場校が決まるはずでしたが
大阪大会のPL学園-大阪桐蔭が延長15回を終えても4―4で決着がつかず、
明日午後零時半から藤井寺球場で再試合することになりました。

明日の野球の見どころはこの大阪大会決勝と
今日5安打を記録してあと2本に迫ったイチローの月間50安打達成なるかです。
もし達成したら月間50安打を3回記録したこととなり、前人未到のMLB新記録。
野球ファンはTVから目が離せませんね~。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-07-30 23:47 | 野球

12人の優しい日本人

平成16年5月21日、「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が成立し、5月28日に公布されました。この結果、平成21年5月までの間に裁判員制度がスタートします。(法務省)

裁判員制度とは、殺人、傷害致死などの重大事件の刑事裁判で
国民から無作為に選ばれた裁判員6人とプロの裁判官3人
合計9人で裁判をするという制度らしいです。
関連サイト(あなたも裁判員!法務省)

僕はこの裁判員制度というのを聞いたときまっさきに思い出すのが
12人の優しい日本人」という映画ですw
これはもともと三谷幸喜さんの東京サンシャインボーイズが演じた舞台が映画化されたもので
「もしも日本に陪審員制度が導入されたら?」という架空の設定で、
12人の陪審員が殺人容疑者の判決をめぐって議論を繰り広げていくうちに
混乱に陥っていく姿をユーモラスに描いたコメディです。

さすが三谷さんの脚本なだけあって映画でこんなに笑えるのかってくらい可笑しくて
途中、有罪か無罪かシーソーのように傾くみんなの意見に
自分がいつのまにか賛同しちゃってるのに気が付くのも面白いw
キャストはブレイク前の豊川悦司さんなんかも出てて、濃いメンバーばかりです。
タイトルの通りほんとにみんな優しくていい人なんですよ。
いかにも日本人らしいという心理描写がよく表現されておりますw
そもそも12人って偶数なのが最初から判決出ないだろうってつっこみたくなりますw
でもまぁ有罪か無罪か全員一致にならないと判決先送りになるっていう設定でしたが。

これはおすすめの作品です。
5年以内に実施される裁判員制度が始まる前に参考として見て下さい~。
絶対参考にはならないけどw

12人の優しい日本人
/ ジェネオン エンタテインメント
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-07-29 01:00 | 映画

Novec1230

今日見たニュースで新しく開発された謎の液体について紹介しておりました。
なんとたっぷり水が入った水槽の中に沈んでる液晶ディスプレーが普通に写ってる!
ノートパソコンを水の中に浸しても何もなかったかのように動作してる!
携帯電話が水の中でブルブル着信しててその電話をとっても普通に会話ができる!

水の中にこれらの電子機器を入れたら
基盤がショートして、もう使い物にならないじゃないですか。
「なにこれ、どうなってんだ?」って久しぶりにTVでびびりましたね~。

この謎の液体の正体は3Mが開発したNovec1230という
見た目は普通の水と一緒なんですが、電気を通さないように開発された液体らしいです。
それによって電子機器の基盤はこの液体に触れてもショートしないで正常に動作するため
上記のような不思議な現象を可能にしたわけです。
しかも揮発性の高い液体なので機器が錆付いたりもしないようです。

で、この液体、一体なんのために開発されたの?って話しになるわけですが
最近のオフィスってPCやらサーバーやら会社の財産とも言うべき
大事な電子機器ばかりじゃないですか。
これらが火災時のスプリンクラーの水でだめになっちゃうという2次災害が問題になっていて
その問題を解決するべく開発された消火液剤のようです。

現在、消防庁へ申請中らしいです。
今後この液体があなたのオフィスのスプリンクラーで使われるかもしれません。
そんときは、ぜひパソコン浸して遊びましょうw
関連サイト(3Mオフィシャルサイト)
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-07-28 00:50 | 日常

養老本

今日は日常について書きます。
僕は仕事上、外出することが多いのですが、
出先で時間が空いたときの対処法としてスタバをよく利用しております。
去年のクリスマスに彼女からスタバカードをプレゼントされまして
非常に有効利用させていただいております。

このスタバカードは前もってお金をチャージできるデポジット方式のカードでして
僕はいつも3,000円単位でチャージしています。
普段は「ラテのトール、ホットで」って注文することが多いのですが
最近は暑くてバニラクリームフラペチーノばかり頼んでます。
関連サイト(スターバックスコーヒーオフィシャルサイト)

そんで席についたらひたすら読書をします。
僕の愛読書は養老孟司さんの著書でして
バカの壁」にはじまり、「養老孟司の逆さメガネ」、「唯脳論」、「毒にも薬にもなる話
対談集の「養老孟司の話せばわかる!」、そして最近は「死の壁」を読み終わり
現在は「あなたの脳にはクセがある~都市主義の限界~」を読んでます。
ぶっちゃけ全ての本で養老さんの言ってることは全部一緒なんですよw

ただもう、養老節中毒のようになってまして
彼のお言葉が僕を落ち着かせてくれるようになってますw
論旨についてここで語っちゃうと何ページにもなるので控えますが
上記に書いてある本を読んだ人と熱く語りたいなぁという希望は常に持ってますw
関連サイト(養老研究室)

スターバックスコーヒー藤沢ルミネ店の最近配置が変わった赤いソファーで
バニラフラペチーノを飲んで養老本を読んでるやつがいたら、それは僕ですw

あなたの脳にはクセがある―「都市主義」の限界
養老 孟司 / 中央公論新社
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-07-27 00:21 | 書籍
先週の土曜は彼女と渋谷シネパレスに
ウォルター少年と、夏の休日」を観に行きました。
こちらは僕の大好物なヒューマン・ファンタジー、
先日、感動で涙が止まらなかった「ビッグ・フィッシュ」と同じ匂いのする作品でした。

あんまりストーリーについて語るとネタバレになってしまいますので自重しますが、
子役で有名なハーレイ・ジョエル・オスメント演じるウォルター少年と
マイケル・ケインとロバート・デュヴァル演じる一癖も二癖もある、いわく付きの老人2人が
老人の過去のエピソードをもとに笑いあり涙ありの感動物語を展開していきます。
原題は「SECONDHAND LIONS」で「中古のライオンたち」という意味らしいです。
作品中、このライオンが象徴というかキーワードになっております。
僕はウォルター少年が泣く場面でつられて泣きました。3回かなw

映画にはいろんなジャンルがありますが、
僕はこうゆう家族愛とか人間愛をテーマにしたのが一番好きですねぇ。
現実社会の人間関係がありきたりで冷め切っているので
映画の中にそうゆうのを求めて渇きを潤しているのかもしれませんねぇ。

あんな映画みたいにファンタジックなお話してくれるおじいさんどこかにいないかな。
「名誉ある人生の送り方」、「大人の男になる方法」語って欲しいなぁ。
そしたらウォルター少年のように抱きつくね。泣きながらw

もし時間がありましたら、観てください。
でも上映してる映画館が少ないなぁ。。。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-07-26 00:56 | 映画

ユビボタン

今日は途中仕事を抜け出しまして
WIRELESS JAPAN 2004」を見にお台場のビックサイトまで行ってきました。
このワイヤレスジャパンとは携帯電話や無線LANに代表される
ワイヤレスネットワークの最新技術が集結している展示会で
これらの技術によって将来の日常生活やビジネスシーンがどのように進化していくのかを
派手に演出された展示やプレゼンテーションで紹介されておりました。

まぁ、僕が行った本当の目的は同時開催していた
中堅・中小企業 IT化経営展」だったりしますが(笑)
それと彼女がコンファレンス会場で行われる
企業向けセミナーの中で実演デモを行うというのでそれも見たかった。

いやー、彼女かっこよかったですよ。
大勢の前で臆することなく完璧にデモを行ってました。
僕は人前では緊張するタイプなので彼女は人種が違うなぁと感心して見てました。

彼女の会社で行っているネットワークサービスを画面上で説明を交えながら
動作フローを実演していたんですけどね、
僕の前に座っていたオヤジさんも内容は分かってないくせに
彼女のデモに「ほうほうっ」って頷いてましたもの。
彼女の働いてるところは初めて見たんですけどね、
僕の知っている彼女とは全然違ってね、なんか遠い存在に思えました・・・。

それからIT化経営展でシスコシステムズとオラクルのセミナーを聞きまして
どうせ来たのだからとワイヤレスジャパンもまわりました。
一番ビビったのはボーダフォンのブースがなかった(笑)
携帯電話メインの展示会ですよ。ドコモもKDDIも最大のブースでやってましたよ。
大丈夫か、ボーダフォン!

で、ワイヤレスジャパンでひときわ注目を集めていたのはNTTドコモの「ユビボタン」でした。
腕時計のような形状でこれを手首に巻いて、手を影絵のキツネのような形にしまして
その状態で親指と中指をトントンと叩くと
その音を認識してPCや携帯に入力できるという次世代のインターフェースらしいです。
そのトントンのタイミングやリズムを変えると違ったコマンドが送れるらしいです。
プレゼンでは「トントン!トトトン」ってやると部屋の電気がついたり、
「トトトン、トントン」てやるとTVがついてメールチェックやってました(笑)
これが将来の生活で有効利用されるらしいです。
でも、誤作動絶対起きるよな~って思いました。
将来そこらの家庭でドリフのコントのようなのが見れるかもしれません。
関連サイト(ITmediaMobile)

a0036400_035939.jpga0036400_294930.jpg
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-07-23 19:52 | ネット

イチロー

昨日のイチローは5打数4安打4盗塁と大活躍。
ゲームはマリナーズ先発のピネイロが4回に突如崩れて大量点を奪われ
途中2点差に詰め寄るもそのまま相手に逃げ切られ9-7で敗戦。
まさに孤軍奮闘している今年のイチローを象徴するような試合運びとなりました。

このイチローの所属するシアトルマリナーズは7/21現在、
上位チームに18.5ゲームも離され単独最下位を独走しておりまして
今年のプレーオフ進出はほぼ絶望的・・・。

この最悪のチーム状況の中でも集中力を欠かすことなく
常に自分の役割をしっかりとこなすイチローにMLBファンは熱く感動しているのです。

そしてイチローは今シーズン、MLB史上いまだ誰も到達できていない神の領域と言われる
デビューから4年連続200本安打以上達成という記録がかかっております。
いまのところ92試合で130安打。残り70試合で70安打。

そもそも年間162試合しかないレギュラーシーズンで200本安打をクリアするには
単純計算しても1試合1本のヒットでは追いつかないわけで
ヤンキースの松井が3試合連続ノーヒットとか言ってる世界で
いかにこの記録がとんでもないことなのかが分かっていただけると思います。

彼はシーズン前、松井と対談するTBSの番組に出演していたのですが
スランプ中は「食事が喉を通らず、夜も眠れず、嘔吐する毎日だった」って言ってました。
天才と言われる彼もやっぱり人間なんだなぁと思いつつも
厳しい世界でプレッシャーに打ち勝って、何度も這い上がり、最終的には結果を残す。
エリートコースを軽快に突っ走っているわけじゃなく、
苦悩の道を地道に歩いているんだという部分も見せてくれました。

前人未到のデビューからの4年連続200本安打。
僕もずっと注目して見ていきたいと思います。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-07-22 07:41 | 野球

スパイダーマン

三連休の最終日、今週の月曜。
彼女に連れられて海老名のTOHOシネマズに「スパイダーマン2」を観に行きました。
なんせ1も見てない僕はストーリーの流れやキャラの因果関係がさっぱり分からず、
要所要所のツッコミどころばかり探す展開となりましたが
それなりに楽しんで観ることができました(笑)

僕ら30代前半の世代にとって「スパイダーマン」というと
小学生の頃テレビ東京でやっていた
日本の実写版の特撮ヒーローものの方が印象に残ってます(笑)
関連サイト(誕生経緯やストーリーなど)
キャラだけを借りてストーリーなどは日本独自のやつでやっていたようですが
毎週TVにくぎ付けになって見ていたのを覚えております。
壁を登るシーンとかほんとにリアルでね・・・。
今見たらきっと子供だましなんだろうけど(笑)

なんとこのスパイダーマンがDVDで復活するようです(笑)
しかも7月24日~25日には幕張メッセのキャラクターショーにやってくるらしいです。
関連サイト(東映ビデオオフィシャルサイト)
握手と記念撮影ができるらしいよ~。うーん。こりゃ悩むね。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-07-21 09:27 | 映画

@CHAT

僕は@CHATというチャットサイトを運営しています。
まぁ運営と言っても「ゆいちゃっと」というCGIスクリプトをお借りして、
チャットをするスペースをネットユーザーに提供しているわけです。

元々僕はインターネットをはじめて間もない頃に
一番最初にはまったサービスが、このチャットでして、
いまはなき伝説の「Friends」というサイトが僕のチャットデビューの場所です(笑)

自分の部屋にあるPCから、所在も顔も分からないどっかの誰かと
リアルタイムでコミュニケーションがとれるこのサービスがとにかくめずらしく、
新しいもの好きで好奇心旺盛だった僕は時間を忘れ毎日のようにチャットに参加してました。

当時はチャットで仲良くなった常連さんとのオフ会なんかも積極的に参加して
通常の生活では絶対に知り合うことのない、
様々な職業の人や地方や海外など
自分とは全く違う環境で生活している人と出会うことができました。
こうゆう未知の世界の人たちと未知の世界の会話をすることで
自分の枠というか分野というかキャパがどんどん広がっていくのが分かりました。
インターネットに関するスキルもこの人たちに相当上げてもらったのも間違いないです。

そうしているうちにだんだんとこのチャット好きが昂じまして
自分でもチャットサイトを運営してみたくなりました。

このチャットサイトというのは普通のサイトと違って
更新は参加者がしてくれますので場所さえ作っちゃえば運営は楽なんです(笑)
ただ参加者が来ないと始まらないという難しい面も持っています。
なんせもうその頃でも似たようなチャットサイトはいっぱいありまして
過疎ったサイトは軒並み潰れておりました。
そこでとにかく人が来るようにいろんな策を講じました。

まず名前は「@CHAT」。
当時ヤフー検索は記号から表示されましたので登録されればトップにヒットするかなと
腹黒い野望から命名しました(笑)
そして自動登録できる検索サイトへの登録はあたり前として
ランキングサイトもまだ効果があった時代でしたので
関係のない場所にエロサイトをいっぱい作りまして
エロ画像をクリックすると@CHATのランキングが上がるようなトラップを張りました(笑)
あとはここでは言えない裏技をたくさん炸裂させまして、
少しずつですが参加者が来るようになりました。
このときに、いまではありえませんが
インターネットのネタが欲しかった東京ウォーカーなどの
一般誌で@CHATが紹介されたのも効果がありました。

だんだん人が来るようになりますと次にWEBサーバーの問題が出てきました。
最初はプロバイダーがサービスで貸してくれるWEBスペースで運営していたのですが
「チャットのサーバー負荷が他のユーザーに迷惑がかかりますのでやめてください」
という通達メールが来るようになりまして
レンタルWEBサーバーを借りるしか方法がありませんでした。

でもまだ当時、日本のレンタルWEBサーバーは個人ではコスト的に厳しく
海外の「HostPro」という会社のWEBサーバーを借りました。
300MBで月20ドルくらいでした。
このときはコストを考えて1台借りではなくスペース借りしてました。

「これで大丈夫だ」と思っていましたが
このときにソフトバンク社のヤフープレスという雑誌に掲載されまして、
ヤフーに「なぜ御社の雑誌に掲載されているのにディレクトリ登録されてないんですか?」と
メールしたところ1週間を待たずに@CHATがヤフーディレクトリに登録されまして
これを期に参加者の増加は留まることを知らず、新しいWEBサーバーにして1年を待たずに
やっぱり「他のユーザーに迷惑だから出てってくれ」と英語のメールがきまして
また、サーバー探しの旅が始まったわけです。

@CHATの歴史はサーバー探しの旅の歴史と言っても過言はありません。
意地悪に言うと@CHATの成長とサーバーのコストの高騰は比例してきたわけです(笑)

結局、最終的にサーバー1台借りすることになりまして、
たぶんWEBサーバー持っている人ならみんな分かると思いますが
なんの利益も生まないチャットだけのためにアホなことをやっているわけです(笑)

こんな感じでいまも運営しております。
当初は「みんなが楽しんでもらえれば」という純粋な思いからはじめたこのサイトですが
いま「どうしてこんなことをしているの?」という質問がきたら
なんて答えていいかわかりません・・・。
趣味はほどほどに。僕を反面教師にしてがんばってください。
やっと自打球らしいブログが書けた(笑)
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-07-21 08:33 | ネット