No pain, no gain


by sharpens_you_up

日本は「豊かさ」世界第9位

国連開発計画(UNDP)は15日、2004年版の「人間開発報告書」を発表した。平均寿命や就学率、成人の識字率、1人当たり国内総生産(GDP)などから割り出し、国民生活の豊かさを示す「人間開発指数」で、日本は5年連続の9位だった。(共同通信)

こんな記事がWEBニュースに載ってました。
人間の「豊かさ」って国連ではこうやって割り出してるんですね。

結構難しい話題ですが、僕の考えを無責任にいいますと
人間の「豊かさ」ってそんなことじゃないだろうと思います。
利便性を求めてどんどん都市化していくことを
「人間の豊か」と判断するのはもうそろそろ終わりにして欲しい。
むしろ便利になればなるほど、
人間としての豊かさって失われていってると思います。

現にいまの日本人で自分が豊かだって思ってる人どれくらいいるんだろう。
会社と家との往復で毎日単調な生活を送って
生の人間とのコミュニケーションは面倒くさがり
疎外感に苛まれ精神的な寂しさはバーチャルな世界でごまかし
なんのために生きてるのか分からないけどご飯だけは困らずに食べられる。
いまの世界で育った子供なんて人の痛みも知らないし他人に対する思いやりもないから
自分勝手なわけの分からない犯罪を簡単に犯している・・・。

ブータンいいなぁ。心の豊かさにプライオリティをおいて
近代化をあえて遅らせて、自然の中で暮らし、
家族や仲間との時間の中で本当の人間としての豊かさを追及している。
便利な機械はないけども、身体を使い、苦労をして
そのかいた汗と達成感が喜びになる。

いまの日本人の喜びって欲しい物が買えたとか安易なその場だけのものだよね。
そんな感じで簡単に手に入る見せかけだけの喜びばかりを追っかけてるから
いくらやっても満足感が味わえないんだと思う。

仲間や家族とともに身体使って、苦労して、汗かいて、つらい思いして、
そうやって手にしたもので得る喜びを大事にしたい。
[PR]
by sharpens_you_up | 2004-07-20 12:36 | 日常